どうも!ボーカル担当の河野です!

みなさん、自分の声のレンジ(幅、つまり音域)はご存知ですか?
練習している曲はそのレンジに合っていますか?

よくあるパターンで、歌とかボイトレを習いに来る方はとにかく高い声がでること求めて来られる方が多いです。
そうすると、選ぶ曲も必然的に、現時点では出ない(もしくは無理してかろうじて出るかもしれない)音域を含んでいる曲になることが多いです。
もちろん目標は高く持った方がモチベーションにもつながるので間違いではないと思います。
ただ、不健康な状態で一時的に発声できた音はあまり練習としては意味をもたないと思います。
みなさんも、無理くり力づくでなんとか高音を発声したいと思っているわけではないですよね?
できれば楽に出したい、と思って通っていらっしゃいますよね。
だとしたら、まずはさほど無理のない音域の曲から練習していくべきだと私は思います。
頑張らなければ出せない音程では、あらゆる装飾技法であったりいろんな音色やリズムをコントロールすることはまずできません。
なので、声(喉)のコントロールができる音域で、(少し難しいかなと思える音域までかすっているのがベストかも)課題曲を決めてほしいと思います。

よくみなさんおっしゃるんですが、キーを下げると、
「負けた気がする」
うーーーーん。。。
その気持ちわからないでもないですが、、、

でも頑張ってだしたその声は、あなたが求めているものですか?あなたの心とつながった声ですか?一度でも音が当たりさえすればいいのですか?そのためにボイストレーニング、ボーカルトレーニングに通っているのですか?
高い音を健康的にベストバランスで出すのは、本当に時間と根気が必要です。
”即席は求めないこと”が声の開発には肝心です。

なので、まずは自分の現在の声域で無理のない曲を練習曲に選んでほしいです。
(正確にはちょっと無理かもっていう音域に片足を突っ込んでいるくらいがよい)
その音域の曲で、いろんな歌い方が自由にできるようになってから難易度を上げていってほしいです。
一緒にがんばりましょう☆


健康的な、不健康な発声がよくわからなくて曲が選べない方は、
担当の先生に聞いて判断してもらいましょう。