歌がうまくなるにはどうしたらよいか、とよく聞かれるんですが、まぁそう簡単には上手くならないわけです。

辛辣な文からはじめました、ボーカル担当の河野です。

そもそも、

歌の上手い下手なんて、人それぞれの美的感覚や、時代のはやりみたいなもの基準であるがほとんどなわけです。
上手い下手ではなくて好きか嫌いかみたいな。

だからわたしは上手い下手に言及するのは嫌いなんですが、よく聞かれるので、わたしなりに答えてみようかな。

歌がうまくなるには…

単純にみなさん、
「聴く」のが圧倒的に足りないです。
耳を鍛えるというのが足りないなと思うわけです。

聴いて聴いて聴きまくる。
歌いたくなるのはわかります。
でもちょっと辛抱してみて。

まずはボーカルから聴き込む。慣れてきたらコーラスを聴いてみる。ほかの楽器を聴いてみる。
イヤホンから聞こえてくる音すみずみまで耳を傾けてみてください。
聴こうとすると聴こえるようになってきます。

そして自分の好き嫌いを置いておいて、これをいろんな曲て試してください。

そうしていくうちに、歌が磨かれていきますよ〜★