お久しぶりです、ボイストレーナーの時任です。

今日は

喉の位置による音作りについてです。

先日ある生徒さんとお話していて話題になったのですが、
その生徒さんは普段営業のお仕事をされていて
職業柄、人と話す際は感じの良さを大事にされているそうです。
そこで気が付かれたのが、この感じの良い声を出す際は喉の位置がかなりあがっている事。

そうなんです! 以前にも記述しましたが人って声に感情を乗せる際喉の位置によって声を作るんです!
なので、こう言ったお客様と対応される接客時には基本喉は上がります。
また、不機嫌な時や真剣なお話をする際はその逆の事がおきます。

これはもうボイトレの範疇ではなく営業技術の話になるのでしょうが

感じの良さを重視する際は喉を上げる
信頼・信用、高級感を重視する際は喉を下げる

等をですね心掛けてあげるのも大切なんじゃないでしょうか?
これは歌にも話すときにも色々と流用の効くテクニックかと思いますので是非研究してみて下さい!
ではでは!