MTB音楽教室、ボーカルとピアノの講師をしてます、鈴木あいです。
先日もピアノの弾き語りワンポイントアドバイスしましたが、第2弾のアドバイスです。

第1弾では、ピアノをたくさん弾き過ぎて歌の邪魔をしないようにとの事を書かせてもらいました!

今回は、1曲の曲をピアノで弾き語るとき、1番と2番と、その後の大サビと、
弾き方を変えてひくと言う事です!
ピアノのバッキングの仕方や、リズムを変えて弾くと
、聞いてるお客様も飽きずに聞く事が出来ると思います!
例えば、バラードだった場合は1番を白玉で、2番を4つ打ちで、大サビでは、壮大に下から上の鍵盤を使って盛り上げて行くと、良いピアノの弾き語りが出来ると思います!

みなさまも弾き語り、楽しんで下さいね。

鈴木あい