みなさん、こんにちは!
歌とピアノの講師をしてます、鈴木あいです。

さて、今回は『歌のちから』についてお話したいと思います!
私は、3、4年前から老人施設での慰問コンサートをよくやらせていただいてます。

震災の被害にあった東北などが、主になります。
そこでは、お年寄りの方々みなさまと
一緒に大きな声で歌うのですが、職員の方々からいつも
『久しぶりにみんなの笑顔をみました』
という嬉しいお話を聞くのです。
震災のあとなどは、みなさま1人部屋に閉じこもりがちだったみたいなのですが、歌うことによって、笑顔になっていただいたり、時には昔の事を思い出して、泣いている方もいます!

童謡や昭和歌謡などを中心に歌うことが、多いのですが、みなさま、歌詞を見ずに2番まで、歌って下さいます!

そんな笑顔を見て、私もパワーをもらい、声もますます出るようになるのです。

老人施設に行くと、みんなで歌うことの素晴らしいさ、童謡、昭和歌謡の素晴らしさも感じます。

これからも、たくさんの老人施設をまわり、童謡みたいな、小さい子かお年寄りまで、笑顔で歌える曲が作れるように私も頑張りたいです!

歌うこと、ってみんなを笑顔にするのですね☆