「歌は、元々の才能であって、練習して上手くなるものではない。」
と、言われる方が多い理由を、みなさんはご存知でしょうか。

長年、ボイストレーニングレッスンの現場を経て、気付いた事があります。
それは、元々才能がある人には、大きな特徴があるという事です。

元々才能がある人達の大きな特徴の1つで、実は、とっても驚く統計が出ています。

「楽器をやった事がない」「譜面が読めない」人が、断然に多いのです。

芸能事務所のアーティスト養成クラスはもちろん、趣味でも、元々、レッスンを始めた初日から、大変上手い人がいます。
そういう人達のほとんどは、実は、【楽器経験なしで、譜面なんか全く分からない人が多い】のです。

逆に、歌が苦手な方、音痴矯正に通っていただく方は、幼少期よりピアノを習った経験がある人が断トツに多いのも特徴です。

この特徴を知るだけでも、上達の大きなヒントになります。

実は、この出だしでつまづいているだけで、長年、たくさん練習してきたのに、上達が出来ずに悩まれて来て、MTBボーカル教室の扉を叩いて下さる方が、日々後を絶たないからです。

上達がしたい方向が南だとしたら、まずは、南を向く。
そして、ひたすら後は、南に向いて歩き続ければ、嫌でも上達はできてしまうものなのです。

歌ほど、本当は、誰でも簡単に上達が望める楽器はないはずなのです。

なぜならば、歌が上達する為には、音楽的な知識や実践よりも、実は、【言語習得能力】が決め手になってくるからです。
母国語をすらすらと話せるようになった方ならば、誰でも歌は、簡単に上達ができる、一番身近な楽器なのです。

この発想が芽生えただけでも、大きな一歩です。

では、まずは、どうして一歩を踏み出せば良いのか?
具体的に何をすれば、良いのか?

を、次回はお伝えしてきますので、楽しみに~~(^^♪

See You Soon(^^)/

from てるみんセンセー